包茎治療と病気

 

包茎を放置すればどうなるのかは、どのタイプの包茎かで違います。

 

最も深刻なのは、「カントン包茎」でしょう。これは包皮の先端が狭くなっていて、勃起時にも亀頭がしっかりとは露出しません、このことから、入浴時などでも恥垢が洗い流せません。

 

このことから発生率が高くなる病気としては、尿道炎、亀頭包皮炎などがあります。

 

また、包皮の口がペニスの途中で引っかかり、ペニスを締め付けていしまいます。

 

このため、血液やリンパ液が流れなくなります。「血行障害」ということです。最悪の場合、ペニスが壊死します。

 

これに次ぐのが「真性包茎」です。手で包皮をむこうにもむけず、勃起時も亀頭が出てきません。入浴時に亀頭を洗うこともできません。

 

このことからやはり、尿道炎や亀頭包皮炎などにかかりやすくなります。

 

カントン包茎や真性包茎は日本人男性全体の数パーセントいる、とされます。

 

あまり深刻に考えなくていいのが、「仮性包茎」です。こちらの方は、日本人男性の6割かそれ以上いると考えられています。比率から考えても、決して特殊なものではないのです。

 

よく、「不衛生で、病気にもかかりやすい」などと、この治療をやっている医療機関などは宣伝しています。が、入浴時などに、洗えば済むことです。

 

ただ、包茎の種類を自分で判断して間違っている場合もあります。よくあるのが、カントン包茎を仮性包茎としている場合です。これはかなり危険なことです。

 

ほんの少しでもカントン包茎の疑いがある場合は、一度泌尿器科で診断してもらったほうがいいでしょう。