包茎治療の嘘

 

包茎治療の話は、嘘や間違いがたくさん流布しています。気をつけましょう。うっかり信じてしまうと、必要もない手術を受けることになったり、本来必要な分に比べて、何倍ものお金を出すことにもなりかねません。

 

さらには、インチキな手術を受け、失敗。勃起するだけで痛みが走ったり、性交の時の快感が失われるようなことだって起こります。

 

まず、よくあるのは、「包茎の治療には健康保険は利きません」というものです。

 

「真性包茎やカントン包茎の場合に、仮性包茎まで持っていく。その治療を泌尿器科で受ける」という場合は、基本的に健康保険の範囲で済ませることができます。

 

また、衛生上・健康上の理由で治療を受けるのならば、仮性包茎までで問題はありません。

 

「包茎は早漏の原因になる」というのもあります。「普段隠れているので、亀頭部分が刺激に弱い」というのです。

 

一部にはそういった例もあるかも知れません。が、早漏の原因は様々です。「包茎を治しても、早漏のまま」というパターンもたくさんあるでしょう。

 

「包茎だと、ペニスなどは下半身の病気にかかりやすい」というのも、要注意です。仮性包茎の場合、目立ったほどの違いはありません。「亀頭部分に恥垢がたまって不衛生」だとしても、入浴時に普通に洗っていれば済む程度のことです。

 

問題は、真性包茎とカントン包茎でしょう。この場合は、確かに亀頭の衛生を保つのは困難です。特にカントン包茎の場合は、ペニスを締め付け、壊死を起こす場合もあります。

 

不安があれば、まずは泌尿器科で診てもらいましょう。「不要な手術まで受けさせられる」という問題は、たいていは美容外科や包茎専門のクリニックで起きています。