包茎治療の情報

 

包茎にやなんでいる人は多いでしょう。まずは正確な情報を持つようにしましょう。

 

友人や親などでも相談できるような内容ではありません。何しろ自分のペニスにかんすることなのです。

 

多くの人は、ネットから情報を得るでしょう。が、ネット全体にいえることですが、かなりいい加減なものが混じっています。

 

包茎治療専門のクリニックや、美容外科などもちょっと注意してみたほうがいいでしょう。傾向としては、包茎であることの不安をあおり、必要のない人にまで、包茎治療を受けさせようとすることが多いようです。

 

「包茎だと女性が敬遠する」とか「一人前の男ではない」といったような表現があれば、まずはマユにツバをつけて見るようにしましょう。

 

実は医学上、仮性包茎ならば、疾病のうちに入れません。

 

データを出すところで多少の数字の違いはありますが、日本人男性の6割か7割は仮性包茎だとされています。つまり、包茎の方が多数派なのです。

 

仮性包茎は、子どもを持つことにも、性交の快感を得ることにも、問題はありません。

 

また、真性包茎とカントン包茎は合わせて数パーセントとされています。問題になるのは、こちらの方です。衛生面からも健康面からも問題になるでしょう。

 

これらの人は、「解決するにはないが必要か」「どんなトラブルが起きる可能性があるか」「どこで治療をしてもらうか」は一生けん命、情報を集める必要があるでしょう。

 

また、治療を受けに行くことにしたのならば、少しでも悪評のある医療機関は避けたほうがいいでしょう。いわゆる「悪徳業者」の類はたくさんいるのです。