包茎手術

 

包茎治療にはとかく、間違った情報が広まりがちです。

 

例えば、「包茎の手術にはいくつかの方法があり、いずれも、健康保険が適用されません。ですから、手術の費用は最低でも、10万円は見ておきましょう」というのも、ウソです。

 

まず、健康保険が適用されないのは、今の状が仮性包茎の場合です。

 

仮性包茎は性交の時には、亀頭はむき出しになります。また、包皮は手でもむくことができますから、洗って清潔にすることは可能です。保険行政の立場からは、「病気ではない」という扱いです。

 

これをあえて手術するのですから、美容整形と同じような形になり、健康保険の適用外になるわけです。

 

保険が利くのは、真性包茎とカントン包茎です。真性包茎の場合は、衛生上の問題があります。カントン包茎はそれに加えて、包皮がペニスを締め付けて、血行障害を起こす可能性があります。

 

ただし、保険を保険を利かせるためには、条件があります。

 

まず、診療してもらう医療機関が、一般的な治療目的でやっているところでなければなりません。「美容外科」のように、美容目的だけをあつかっているところではダメです。

 

また、保険が適用される範囲での手術は種類が決まってきます。完全に包茎を解消するまではいきません。真性包茎やカントン包茎を仮性包茎のところに持ってくるまでです。

 

もし、包茎を完全に解消したいのであれば、治療目的でやっている医療機関であっても、保険の適用外で手術する必要があります。